試験 & 検証

バラット・フォージ社では、業界最大規模の本格的な試験および検証施設を開設しました。
弊社では、品質を常に向上させるために様々な部品の検証を行う最先端の疲労試験施設を設立しました。この施設の技術はグローバルなOEMメーカーからも認められています。

 

施設では小型乗用車から大型船舶および機関車までに対応するクランクシャフトの曲げ疲労や捩り疲労の試験等の共鳴疲労試験を行っています。この試験は、動電型加振機装置を使って完全に逆にした付加条件で150~2700重量キログラムで行われています。 フロントアクスルビームやリアアクスルビーム、スタッブアクスル、連結棒等の他の自動車部品の疲労試験は、250 KNおよび630 KNのサーボ式油圧アクチュエータを使って行っています。疲労試験においては、歪み測定、クラック検出、疲労破損検体の冶金分析を行う設備も完備されています。これらの設備を活用して、弊社では製品の概念化から設計、エンジニアリング、製造、テスト、検証までのEnd-to-Endの包括的サービスを提供しています。
試験&検証施設では、以下の分野を取り扱っています。
  • 冶金
  • 物理学
  • 化学
  • スタンダードルーム