バラット・フォージの軌跡

バラット・フォージの軌跡

操業開始時期 (1961~1985年)

1961年

バラット・フォージ社を設立

 

1985年

ヨーロッパへの輸出の開始

 

1966年

鍛冶工場「Hammer Technology」として量産を開始

 
 

インド国内での成長期(1990~2001年)

1990年: 技術革新

最先端の技術革新への投資による16000MTプレスラインの試運転

 

2001年

2回目の16000MTプレスラインの試運転。初の企業買収によるDanaの顧客の獲得.

 

1991年

日本、米国、英国でのパワートレインおよびシャーシ部品販売における躍進

 
 

グローバル企業としての地位の確立 (2002~2007年)

2002年

研究開発、テスト、検証、最先端の高荷重クランクシャフト加工設備への投資

 

2004年

社内の人材を育成するために、インドの名門技術研究所BLTPilani大学と提携

 

2003年

ヨーロッパ、北米、中国にグローバルな生産拠点を設立

 

2007年

バラマティの先端製造センターを本稼働

 
 

技術とイノベーションにおけるグローバルリーダーシップの発揮( 2008~2010年)

2008年

インド最大の鋳造工場を開設

 

2010年

バラマティにリング圧延工場を開設。技術およびイノベーション推進のためのカルヤニセンターの設立

 

2009年

鉄道、船舶、オイル、ガス等工業用の高馬力クランクシャフト加工工場をバラマティで開設

 
 

インド鉄道業界への国内初のクランクシャフトサプライヤーとしての発展 ( 2012~2013年)

2012年

バラット・フォージ社資本財事業部が、初の660 MW超臨界タービン発電機2台の受注を獲得

ディビッド・ブラウン・バラット・フォージがインドのホスールに最初の工業用ギアボックスサービスおよびアセンブリセンターを設立

 

2013年

インド鉄道業界において、国内最大のクランクシャフトサプライヤーとしての地位を獲得

 
 

インドの経済基盤の構築、インド全体のケイパビリティの向上、自社とインド両方のグローバルな存在感の確立を目指す


自動車 | オイル&ガス | 電力 | 鉄道 & 船舶 | 航空 | 金属 & 採鉱 | 建築 | 汎用エンジニアリング

バラット・フォージの軌跡

操業開始時期 (1961~1985年)

1961年

バラット・フォージ社を設立

1966年

鍛冶工場「Hammer Technology」として量産を開始

1985年

ヨーロッパへの輸出の開始

インド国内での成長期(1990~2001年)

1990年: 技術革新

最先端の技術革新への投資による16000MTプレスラインの試運転

1991年

日本、米国、英国でのパワートレインおよびシャーシ部品販売における躍進

2001年

2回目の16000MTプレスラインの試運転。初の企業買収によるDanaの顧客の獲得.

グローバル企業としての地位の確立 (2002~2007年)

2002年

研究開発、テスト、検証、最先端の高荷重クランクシャフト加工設備への投資

2003年

ヨーロッパ、北米、中国にグローバルな生産拠点を設立

2004年

社内の人材を育成するために、インドの名門技術研究所BLTPilani大学と提携

2007年

バラマティの先端製造センターを本稼働

技術とイノベーションにおけるグローバルリーダーシップの発揮( 2008~2010年)

2008年

インド最大の鋳造工場を開設

2009年

鉄道、船舶、オイル、ガス等工業用の高馬力クランクシャフト加工工場をバラマティで開設

2010年

バラマティにリング圧延工場を開設。技術およびイノベーション推進のためのカルヤニセンターの設立

インド鉄道業界への国内初のクランクシャフトサプライヤーとしての発展 ( 2012~2013年)

2012年

バラット・フォージ社資本財事業部が、初の660 MW超臨界タービン発電機2台の受注を獲得

ディビッド・ブラウン・バラット・フォージがインドのホスールに最初の工業用ギアボックスサービスおよびアセンブリセンターを設立

2013年

インド鉄道業界において、国内最大のクランクシャフトサプライヤーとしての地位を獲得

インドの経済基盤の構築、インド全体のケイパビリティの向上、自社とインド両方のグローバルな存在感の確立を目指す


自動車 |オイル&ガス | 電力 | 鉄道 & 船舶 | 航空 | 金属 & 採鉱 | 建築 | 汎用エンジニアリング